スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2

とあるサイトで二酸化炭素について誤った情報が書かれていたので、そのサイトの文章を引用しつつ、ここに少し二酸化炭素についての私の意見を書いてみたいと思います。


「二酸化炭素は、有害な物質のひとつであるということを学んで欲しい」

こんな文から、そのページは始まっています。
いきなり残念な気持ちになりました。
二酸化炭素は有害ではありません。
二酸化炭素は有機物にとって必要な炭素を豊富に含んでいるので、生物にとって不可欠なものです。


「私たち人間の(中略)二酸化炭素許容濃度は低く、0.5%といわれている
たった0.5%上昇するだけで、人間は意識不明となり」

そんなことはありません。
現在の大気中の二酸化炭素濃度は約0.036%です。
それに0.5%足して0.536%にしたところで意識不明にはなりません。意識不明に陥る濃度は6%以上です(消防庁調べ)。
濃度0.5%は少し集中力が落ちる程度といわれています。
そのため学校では生徒の集中力保つために教室の換気を1.5%の濃度が換気の基準値とされています。大半の授業中の眠気は寝不足や退屈から来るものだと思いますけどねw


「なにげない生活の中で、二酸化炭素が危険であるということをわからずに生活している人がほとんどです」

通常の生活を行っていれば、少なくとも危険ではありません。
逆に二酸化炭素が足りなければ過呼吸になってしまいます。


二酸化炭素は水、太陽光線と同じ、重要な地球構成要素の1つです。
悪者扱いばかりせず、きちんと、二酸化炭素のことも知っていただきたいです。


まぁ私は二酸化炭素が地球温暖化の重要な原因とは考えられませんがね…。
そもそもいくら人間が困っても、地球温暖化は地球にとって良いことだと思うのですが。

ではでは。
スポンサーサイト
プロフィール

cawan

Author:cawan
生物好きな学生。
虫もブログもまだまだ初心者ですが、よろしくお願いします。

生息地:東京都
体長:1810mm
出身:阿波の国
飼育難易度:やや簡単
趣味:昆虫採集・飼育・釣り

書を捨てるわけもなく
街に出たり出なかったり
勉強もしつつ
群青の日々を楽しみたいです

相互リンク募集中。
(虫でも魚でも哺乳類でも爬虫類でも)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。